事前に情報収集を

お墓

簡単には変えられない

近頃は就活ならぬ終活として、自分の最期を自分で整えておく活動が人気です。その中には、お骨を納めるお墓をどうするかという問題も、当然のことながら含まれてきます。身寄りがない人から子供にお墓を維持してもらうのが大変な人、後継ぎがいなくていずれは無縁仏になってしまうという人は、永代供養をしてくれるお寺が必要です。人口の多い神奈川には、必然的に永代供養をしてくれる霊園も多くあり、予め眠る場所を見つけておくと安心していられます。気を付けなくてはならない点として、いったん決めたらそう簡単には変えられないということです。決めるにあたってはしっかりと情報を集め、相談に乗ってくれる人を探すのもいいでしょう。神奈川の霊園に詳しい人がいたら、ぜひ相談したいところです。

自分で選べるから納得

神奈川で生まれ育ったという人なら、眠る場所も神奈川がいいと考えるでしょう。けれど、誰もお墓にお参りしてくれる人がなく、朽ち果ててしまうかもしれないとなれば、寂しいものがあります。そのため、永代供養をしてくれる霊園に眠るという選択が重要になってきます。永代供養ということは、未来永劫、お寺が続く限りは弔ってくれますので、寂しくありません。生前に自分自身で眠る場所を決めておけるということも、一抹の寂しさはあるものの、それを上回る安心感を与えてくれるでしょう。子供にお墓を守ってもらうという負担を掛けたくないという人が、霊園の永代供養を利用することも増えています。利用の目的は人それぞれ違っても、自分が安心できるという要因が一番かもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加