お墓

事前に情報収集を

天に召された後に眠る場所を生前に決めておくのは、気を付けて行う必要があります。いったん決めたらそう簡単には変えられないことと、自分自身が本当に納得して決めることが大事だからです。後に残す家族に迷惑をかけないことを目的に神奈川で利用するとしたら、自分が心底納得できる霊園選びが重要です。

お墓としての役割

スーツの人

新しいシステム

最近とくに納骨堂への関心が深まってきています。かつては納骨堂の役割といえば、多くの人にとってお墓を建てるまでの遺骨の一時預かり所という印象でした。しかし、近年の納骨堂は永代供養の場として利用されるようになってきており、それにつれて自分たちの問題として注目を寄せる人が増えてきました。高齢化社会や少子化、非婚化など大きく変化していく社会の中で、多くの人はお墓に関する悩みを抱えています。田舎にあるお墓をこれからも管理・維持していくことは困難だと感じている人もいます。また、自分の亡き後に家族や子どもに迷惑をかけたくないと考えている人もいますし、承継者がいないので早めに自分のお墓の問題を解決しておきたい、という人も少なくありません。そういう人々にとって、お墓の役割を果たしてくれるという納骨堂についてのニュースは朗報でした。

お墓のさまざまな種類

納骨堂の種類はさまざまです。まず、コインロッカー式の納骨堂が挙げられます。コインロッカーのように棚が箱型に区分けされており、表には扉がついています。それから上段に位牌、下段に骨壺が納められている仏壇式のタイプや、普段は地下に安置されており、家族がお参りに行くとその都度、目の前に移動してくる自動搬送式というタイプもあります。価格は、一般的な墓と比較するとおおむね安価ですが、ただ種類によって価格は異なります。永代供養についても、詳細に理解する必要があります。一口に永代供養といっても、骨壺に入った遺骨を納骨堂で預かってもらい供養してもらえる年数は、納骨堂によって異なります。17年や33年、50年などとそれぞれ違いがあり、その期間が過ぎると合祀墓に移しての永代供養というシステムが一般的です。

墓地

新しくお墓を探す時

亡くなった人が眠っている霊園には、民間運営の公園墓地があります。こういった霊園は、お参りにくる人たちのために、バリアフリーになっていたり、食事ができるスペースも確保されているのです。また、神奈川の霊園を選ぶ際には、通いやすい条件や費用面で納得がいくかどうかで選択していきましょう。

男女

費用がかかりません

子供がいない方や独身の方は、霊園選びの際注意することが必要です。永代供養をお願いすると、管理をしなくてもよいため、安心できます。神奈川にはたくさん永代供養をお願いできるお寺があります。管理する必要がなく、費用も一般的なお墓より安いため人気があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加